​第5回 中国医療情報技師会研修会


下記のとおり「第5回中国医療情報技師会研修会」を開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

​開催日時

令和3年10月30日(土) 13時30分 ~ 17時00分 (受付開始13時)

​開催場所

オンライン形式(ZOOM)
配信会場:日本赤十字社岡山赤十字病院

​参加費

1,000 円

※チケット購入後のキャンセル・払い戻しはできませんので

 ご了承ください。

参加申し込み

申込締切:​2021年10月22日(金)

​定員

300名

ポイント付与

医療情報技師 3ポイント(21-049)
公認医療情報システム監査人(補) 2ポイント

医用画像情報専門技師 4ポイント(K21-029)

​プログラム

総合司会:上森 豊

〈開会〉 13:30~13:40

「開会挨拶」                              

第5回中国医療情報技師会 実行委員長 榊原 祥裕 

     

〈特別講演〉 13:40~14:40

座長:榊原 祥裕 

「企業の先進事例から学ぶ医療現場における DX の進め方」          

富士通株式会社 理事 首席エバンジェリスト 中山 五輪男 様 

※講演 50 分、質疑応答 10 分

                             14:40~14:50           休憩

〈基調講演〉 14:50~15:50

座長:⾧山 貴紀 

「リアルワールドデータ利活用への期待 - 応えるのは誰?」          

一般社団法人 医療データ活用基盤整備機構 理事⾧ 岡田 美保子 様 

※講演 50 分、質疑応答 10 分

                             15:50~16:00           休憩

〈シンポジウム〉 16:00~16:50

座長:中田 悠太  

テーマ『コロナ禍の取り組み』

「COVID19 治療における医療情報担当薬剤師の働き」 ~特例承認薬の管理・運用について~           

 広島大学病院 薬剤部 高松 花絵 

「コロナ禍における iPhone 利活用」                         

社会医療法人 同愛会 博愛病院 診療放射線部 矢倉 征道 

「医療情報技師によるコロナ禍の取り組み」                                                                                     

JA 山口厚生連 周東総合病院 総務課 河村 裕介 

「COVID-19 対応と新たなデータ活用」 ~人とデータの繋がり方~

岡山市立市民病院 院内感染防止対策室 高橋 和志 

※各発表 10 分、質疑応答 10 分

                         

〈開会〉 16:50~17:00

「事務局連絡」 

    

主催:中国医療情報技師会

共催:広島県医療情報技師会・島根医療情報技術フォーラム・山口医療情報システム研究会・岡山県医療情報技師会

後援:日本医療情報学会 中国四国支部、山陰文化圏医療情報技術研究会、瀬戸内医療情報ネットワーク(せとねっと)   

   岡山県診療情報管理研究会、岡山県病院協会、岡山県医師会、岡山市医師会、岡山県看護協会、岡山県病院薬剤師会

   岡山県理学療法士会、岡山県作業療法士会、岡山県言語聴覚士会、岡山県臨床工学技士会、岡山県臨床検査技師会

   岡山県診療放射線技師会